Cubo Ai実際の使用例

赤ちゃんが生まれた日から始まる成長のステップ。その成長過程で起こりえる危険はそれぞれ異なります。Cubo Aiの危険感知機能は、日々成長していくお子様の安全を見守るサポートをします。実際の例を見てみましょう。

顔認識カバー防止
新生児の睡眠中の安全を守ります

AIによる画像認識で赤ちゃんの口や鼻が覆われていないかを判断し、24時間赤ちゃんを見守ります。また、スマートフォンへの通知で赤ちゃんの状況をすばやくお知らせします。

宝妮のママ:「Cubo Aiのさえずりアラートが聞こえて、驚いて目が覚め、宝妮がすっぽり布団に包まれていることに気づき、急いでどけてあげることができました。Cubo Aiがすぐに知らせてくれて本当によかったです」

陽陽のママ:「朝、家事で忙しい時、陽陽をベッドに横たわらせておくことがあります。あんなに突然、危険なことが起こるとは思ってもみませんでした。Cubo Aiの顔認識アラートのおかげで、陽陽の顔が布団で覆われていることに気づくことができたのです」


寝返り感知アラート
24時間ずっと安心

赤ちゃんが寝返りを打ち始めたけど、まだ自力では元の姿勢に戻れない頃はパパとママにとって特に心配な時期です。そんな時もCubo Aiにおまかせ! 寝返り感知アラート機能は赤ちゃんの動きを常に見守り、寝返りを打った時にはすぐにお知らせします。

鳳梨のママ:「鳳梨を私たちと一緒に大きなベッドで寝かせようと思っていた前の晩に、危険なことが起こりました。赤ちゃんの活動範囲が広くなると、どのような危険も起こりえるということを軽くみてはいけないと思いました」


危険エリア感知
成長の各段階を見守る


赤ちゃんがハイハイの練習をするようになると、危険エリア感知が活躍します。キッチン、トイレ、ベランダなど危険エリアを設定しておくと、赤ちゃんがそのエリアに入った時にすぐスマートフォンにお知らせします。

鳳梨のママ:「鳳梨を私たちと一緒に大きなベッドで寝かせようと思っていた前の晩に、危険なことが起こりました。赤ちゃんの活動範囲が広くなると、どのような危険も起こりえるということを軽くみてはいけないと思いました」

トマトのママ:「現在1歳3か月の赤ちゃんはよく動きます。柵を越えることが大好きなので、ママはいつもヒヤヒヤしています。幸いCubo Aiの危険エリア感知が、赤ちゃんが脱獄しようとしていることをすぐに知らせてくれます」